• 片口
  • 注器
  • ミニそば猪口
  • 長角皿
  • 平皿
  • 工房ショップ
メインイメージ
at ease KEIZAN time

有田焼ができるまで

有田焼ができるまで

有田焼はこうやってつくられます。

①土の精製

有田焼は磁器です。土ではなく陶石を砕き、鉄などの不純物を抜いた後、成形しやすくするために粘土状にします。
 1616年、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、李参平らが有田の「泉山」で陶石を発見したのがはじまりです。
現在、陶石は熊本県の天草陶石を使用しています。

②成形

渓山窯ではほとんどが石膏型を使った方法で、成形しています。(ほとんどの窯元もこの方法です。)
 同じものを大量に作ることができるため、コスト面で大変なメリットがあります。

③乾燥

④焼成(素焼)

約800度の温度で焼成します。

⑤下絵付け

釉薬の下に絵付けするのでこう呼びます。


  • 線描き

  • 濃み(だみ)

分業制なので下絵付けでも、線描きをする人と濃み(だみ)をする人が別々にいます。

絵付けされるのを待っています。

⑥釉がけ

釉薬をかけます。

⑦釉仕上げ

ひとつひとつ、口の部分をきれいにしたり、高台についた釉薬を剥いだりします。

仕上げが済んだらここに並べられます。

⑧窯積み

専用の板に上にひとつひとつ並べて積み上げていきます。

⑨焼成(本焼き)

ガス窯で、渓山窯では最大温度約1300℃で14~15時間かけて焼成します。

⑩窯出し

毎回、いちばん緊張する瞬間です。ひとつひとつ傷つかないように取り出します。

⑪選別

鉄粉やピンホール、描き落ち、濃み落ち、割れなどをチェックします。
選別に引っかかったものが2級品となり、陶器市などでお安く販売されます。

⑫完成(染付のみの商品)

出荷

⑬上絵付け

赤、緑、黄色などの加飾のあるものは本焼き後にします。釉薬の上に描くのでこう呼ばれます。

⑭焼成(上絵付け)

約800℃で焼成します。
 色が重なり合うものは、絵付けをするたびに焼成をし、色を増やしていきます。

⑮選別

描き落ちなどがないかチェックをします。

⑯完成

出荷

※この他にも形状によってなど、ここに載せていない作業がいろいろあります。

ページトップへ